魔剣士リーネ2体験版レビュー【寝取られエロと戦略SLGが融合】

キャラ集合画像

「まくらカバーソフト」さんの女性武将が奪われる本格派戦略シミュレーション『魔剣士リーネ2』をレビューします。

小説版も販売している『魔剣士リーネ』の続編ですね。

「地域制圧型シミュレーション」……っていう名称はアリスソフトのゲーム専用の呼び方だっけ。まあ、国とか地域を奪い合う感じのゲームです。システムはセガの『ドラゴンフォース』に近いです。

このゲームの体験版ではストーリーの楽しめる「プロローグを見る」とゲームの雰囲気を試せる「ゲームをプレイ」の2つのモードが用意されています。

 

プロローグシナリオ

ゲーム序盤のストーリー部分を体験できるモード。製品版ではこれの最後の部分から本編が続くのかと思われます。

う~ん、シナリオの内容云々ではなく、同人ゲームのプロローグとして長過ぎるような気がします。

特にSLG好きな人は「早くゲームがしたい」って気持ちになるんじゃないかな。商業ですが同じSLGの『永遠のアセリア』を思い出します。あれもプロローグが妙に長くてダレた記憶が。

まあ、必要性もわかる。このゲームの大きなテーマが「寝取られ」なので女の子との馴れ初めとかの話は重要ですよね。

セリアの夜這い待ちCG

カワイイ

プロローグの途中で少し操作する場面があるのですが、これが良くない。

内容は主人公ユニットを敵に捕まらないように目標拠点に移動させるというもの。

無駄にシビア&捕まったらゲームオーバーで開始地点に戻される、そもそもつまらないと、かなりストレスが溜まりました……。

おそらく新システム「ハーレムシステム」の王様に女武将が捕まらないようにする部分の紹介も兼ねているのでしょう。だけど、女の子が男に追いかけられる緊張感(と期待?)が面白いのであって、男が男に追いかけられて、しかも捕まったらそれで終わりじゃねえ……。

一応攻略方法書いときました。

【魔剣士リーネ2】追いかけっこ攻略

長めといってもストーリー自体は普通にちゃんとしてるんですけどね。万が一このミニゲーム部分で投げる人がでたら、あまりにもったいない。

ちなみにシナリオパートは女の子のみフルボイスです。

ゲームパート

ゲーム部分を体験できるモードだけど、勢力、武将配置などは製品版本編とはぜんぜん違うらしい。製品版では3国の中から主人公が頼る国を選ぶことができる。そして、3国ともストーリーが違うみたいです。当たり前といえば当たり前だけど同人でこれは結構凄い。

国選択画面

これはプロローグの最後らへんの画像だけど

ゲームの基本部分は国取り戦略ゲームとしては一般的。探索や建設コマンド、捕虜や登用システムなどがあり、よくできていると思います。

進行はリアルタイム。ちゃんと一時停止ができるしキーボードショートカットもあるので安心です。

あと、十字キーでマップ(視界)を動かせるかな? と思ったらマウスカーソルが動いてびっくりした。テンキーだとちゃんとマップが動かせます。もちろんマウスでも。

出撃画面

このタイプのSLGをプレイしたことがある方ならすっとプレイできると思う

上でもちょっと書いたけど、大群バトルじゃない『ドラゴンフォース』みたいな感じ。……ドラゴンフォースってメジャーなのかマイナーなのかどっちだろ……。

一応 ps2版ドラゴンフォース公式サイト

武将同士の戦闘は、通常攻撃は自動で行い、好きなタイミングで技を使わせたり退却させたりできるシステム。サガシリーズみたいに戦闘中に技を閃くのが特徴的です。

戦闘画面

距離の概念があるので遠隔キャラの特徴も出ている。

ただ、少し勢力やマップのバランスが悪い気がします。

体験版での敵勢力は2国でそのうち1国は空気。実質もう1つの大国(体験版での目標)とのタイマンなのですが、敵は前線に戦力を集中するので最初の決戦を制したら雪崩式に進軍できてしまいます。

前線の武将数の説明画像

拠点の下の数字が武将数。前線に続々と送ってきます。

上で述べた体験版専用の配置のせいだと思うので、今回の体験版のような時間制限無しで専用配置より、製品版に近い状態で時間制限ありの方が良かったような気がします。

それと、難易度が4段階用意されているけど、最高難易度に変更してみてもあんまり違いが感じられなかった。体験版では機能した無いのかな?

女囚システム

1作目にもあるこのシリーズの目玉。

敵の捕虜になって牢屋に入れられた女性武将が敵の武将に少しずつ堕とされていくシステムです。

いやー良いですねこれ! 体験版なので脱がすだけかせいぜいパイズリ止まりなのですが、やけにエロく感じる。

女囚システムでセリアが捕まったCG

た捕虜はスパイを成功させるか捕まっている拠点を制圧することで取り返せる。即手を付けられるわけじゃないので、処女のまま助けられることも。

ただ、もうちょっと難しくないとあんまり捕まらないかも。

リーネ捕まっている画像

捕まっている様子はいつでも見れる

リーネが捕まった状態の下半身

全身をスライドで見れる 寝取られが進行すると服が脱げたりグラフィックも変わって行く

ハーレムシステム

今作からの新システムでもう1つの目玉。

自分でも敵でもなく王様的な人、つまり上司様のハーレムシステムです。

どんなものかというと、王様の後継ぎを確保するために側室を提供するというもの。

王様はたまに自国領内をフラフラ移動し、そこに女性武将が接触するとハーレムに入れられてしまいます。

王様には不満度と後宮の運営費というものがあり、2つの数値のバランスを気にしながら付き合わないといけません。

……説明が難しいから画像に丸投げ!

[smartslider3 slider=14]

いや~これも良いシステム。個人的にはこっちのほうが好きだし。

王様に謁見した時におっぱい丸出しの格好をさせられてる女の子が出迎えて「あっ」ってなるところとか

セリアとハーレムで会う

あ、忘れてた。主人公はアレス君ね。

王様は今手が離せないとお付きの人に言われた時に、たしかに王様は居ないのだけど女の子も1人姿が見えなくて、後ろから喘ぎ声だけが聞こえてくるのもすっごくエロい!

お楽しみ中のハーレム画像

ベアトリスって子の姿が見えない!

けれども! これも体験版の範囲では、進軍してるだけでなんとかなるので捕まらない&お金にあまり困らないのでハラハラ感感じられなかったかな。最前線には来ないので。

女囚システムもそうだけど、わざと捕まらせるってのはなんか違うような気がしますしね~。ゲームプレイの失敗と寝取られがシンクロするからこその興奮だと思う。

その他画像

[smartslider3 slider=16]

個人的感想・まとめ

女囚とハーレムシステムはすんごく面白そうなんだけど、製品版でバランスがどうなるのかも気になるんだよね。

特にSLGはバランス、難易度が大事だと思ってるので、やっぱり時間制限で製品版のバランスでプレイしたかったな~。

購入するか悩みます。2,700円くらいらしいのでなおさら! う~ん。

販売ページ

DLsite DMM

まくらカバーソフトさんの他作品です。

このゲームを評価しよう

評価する (いいね!7
Loading...
※ハートをクリック、タップすることで誰でも簡単に評価できます。プレイして良かったと思ったら、気軽に押しちゃってください(記事の評価ではなく、ゲームの評価です)。