【堕ちた楽園でキスをして】製品版レビュー(動画あり)

公式の略称は「おちんキス」

「ガチョピンアイランド」さんの、18禁現代学園SFラブロマンスRPG『堕ちた楽園でキスをして』をレビューします。

 

最初に

画像の掲載について

readmeにこんな文章が

・WEBサイトでゲームを紹介される場合
     →特に連絡の必要はありません
     
     →できれば「タイトル画面」または「ゲーム画面」を同時に載せることは控えていただけると助かります(両方載せて頂いても問題ありません)

この「同時に」ってのは、タイトル画面とゲームプレイ画面を同じ記事に単純に載せるのは控えて欲しいって意味なのかな。「ゲーム紹介記事に画像を載せるのはやめて」って意味ではないよね……?

とりあえず、体験版範囲の画像だけを使うことにします。意図を汲み取れてなかったら、すみません。

あと、画像はクッション画像経由で見られるようにしておきます(一番上の画像=アイキャッチ画像以外)。画像を用意するのが面倒くさかったので、製品版が画像ですネタバレ注意と書いてありますが、クリック(タップ)先は全て体験版範囲の画像です。

DLsiteで販売されているバージョン

現在(2017/07/21)DLsiteでダウンロード出来るものは、ver.1.15 になっているのですが、最新は ver.1.16 です。

最新アップデートファイルは↓で公開されてます。

ちなみに、作者のガチョピンさんのメインブログは↓みたいです。フリーゲームが何個か公開されていますね。

昔はビデオ感想、今は殆ど製作中ゲームの記録。 すでに完成したツクール製ゲームの公開も。 (ガチョピン ゲーム ツクール)(ほうじ茶)

体験版のメニューで落ちる

私の環境では、体験版メニューの「E-Select」を選択すると、音声かなんかのファイルが無いというエラーが出て落ちてしまいました。

この段階では「E-Select」の重要性が分からなかったので、一か八か製品版を購入。結果的には落ちること無く、普通に「E-Select」画面に移行できました。環境によって変わると思うので、参考までに!

ストーリー

女子校に試験的に編入することになった主人公(デフォ名河合颯太郎)。

入学してから最初の金曜日の夜、引き出しの中から女の子(デフォ名クロエ)が飛び出してきてこう言った。

「私は未来から来た。人類のために、少し協力してくれないか?」

……みたいなお話。

製品版ネタバレ防止用仮画像

開始時に空から落ちているシーンの作品は名作の法則。
※クリックで画像を開きます

これだけ見ると、シリアスでSFな雰囲気を感じますが……いや、実際そうなのですが……まあ、この画像を見てください。

製品版ネタバレ防止用仮画像

最初の会話シーン
※クリックで画像を開きます

うん、すごいインパクトですね。

とにかく絵が独特で奇抜。立ち絵がアクロバティックにころころ変わり、そのほとんどが謎ポーズです。

製品版ネタバレ防止用仮画像

この人達結構シリアスな話してるからね
※クリックで画像を開きます

話もかなりカオス。登場キャラが変な格好をしている(そして主人公が女装&おっぱいみたいなものがある)のを「後で詳しく説明する」と一蹴したり、いきなり「うんこしたい」と言い出したり、そして、じゃあ排泄欲と戦おう!とか言っちゃったりします(本当に戦う)。テキスト自体も、結構癖があります。

ただ、カオスなだけではなく、感情とタイムトラベルを主軸としたストーリー、学校の屋上が運動場だったり、生徒がパンチケットを賭けてギャンブルをしていたりする少し不思議な設定や、センスがある会話などはクオリティが高く、癖になる魅力があります。

あと、素材ではありますが、BGMの使い方のセンスがいい! 歌付きのBGMが癖になります。

ネットスラングやアニメネタ、なぜか経済ネタなどがたま~に出てきてきます。そして結構毒があったり……。まあ、ストーリー本編ではなく、装備の説明などですが。

ストーリーは○話という区切りになっていて……全7話かな。大きく3つのお話に分かれています。私のクリア時のプレイ時間は16時間くらい。

これだけじゃ雰囲気が伝わるか不安なので、体験版終了ちょっと前までの動画を撮ってみました。※容量の関係で少し急ぎ気味にプレイし、戦闘やHシーンもカット。記事の下で詳しく説明します。あと、音が出ます。

序盤なのとインパクトも相まって、かなりギャグっぽく見えると思います。ですが! 上にも書いたように、ギャグやシモネタはありつつも、本筋は真面目なお話ですよ。立ち絵も、プレイしていたら慣れてきます。

システム

システムもかなり独特。

敵は変形ランダムエンカウント(一部シンボル)で戦闘はアクティブタイムバトル(コマンド時に止まるウェイト方式)

変形ランダムとはどういう事かというと、そのエリアに出現する敵の「レベル」「出現総数」「何歩くらいでバトルになるか」が表示され、総数が0になるとまったくエンカウントしなくなります。

製品版ネタバレ防止用仮画像

移動画面
※クリックで画像を開きます

プレイした感じでは、エリアの敵を全滅させたら適正レベルになり、のんびり探索出来るって感じかな。総数を0にしたり回復させるアイテムも低価格で販売しているので、普通のランダムエンカウントよりも面倒さは無いです。

戦闘は、上述したとおりアクティブタイムバトルなのですが、攻撃ヒットのタイミングでボタンを押すと連続攻撃になる要素が。スピード感があって気持ちいいです。タイミングといっても失敗の基準がゆるいので簡単です。

製品版ネタバレ防止用仮画像

攻撃のために飛びかかっている瞬間……。右上の謎ポーズは、状態異常のポーズ? です
※クリックで画像を開きます

画像を見て分かるとおり、戦闘中もアクロバティック? にダバダバと動きます。初見では面白すぎて笑いが止まらなかった……。なぜかエロ素材っぽいボイスを戦闘ボイスにしてるのも味がある。

製品版ネタバレ防止用仮画像

戦闘勝利画面。このポーズなんか好き
※クリックで画像を開きます

あと、属性周りも作り込まれていて

  • 属性技を使うと、場にその技の属性ポイントが配置される
  • 場に一定の属性ポイントが配置していないと強力な属性技が使えない
  • 属性の数で属性技に補正がかかる
  • 属性は8種類
  • 敵も使ってくる

と、なかなか面白いシステム。クロノクロスをリスペクトしているのでしょうが、それとも少し違う感覚。

成長システムも、レベルアップ時に貰えるポイントである程度自由に能力を伸ばせる「ReinForce」システム、戦闘後場に残ったポイントを消費してスキルを覚える「E-Select」システムなど、自由度が高いです。

製品版ネタバレ防止用仮画像

「E-Select」で覚えたスキルは簡単にポイントに戻すことが可能。なぜか「2001年宇宙の旅」で有名なあの曲が流れる。……やっぱりセンスいいよ
※クリックで画像を開きます

他にも敵の技をラーニングするシステムやポーカーやスロットなどのミニゲーム、落ちているアイテムを交番に届けるか拾うかで変化する「徳」システム、執筆道具やネタを集めて合成する「同人誌作成」システムなど(本……というか文章? が武器なんです)、書ききれないほどの要素が。

ただ、結構気になったのは、ステータス画面や技の性能詳細などが全て英語なところ。すごく分かりにくいです。

製品版ネタバレ防止用仮画像

ステータス画面。そしてこのポーズ
※クリックで画像を開きます

ゲームフォルダに用語解説のテキストが入っているので、横に並べながらプレイするのがいいかも。

難易度は3種類。

バランスは……属性や状態異常が多く、敵の攻撃バリエーションが多く、ゲームとしてのやりごたえはありつつも、すごく難しい! ってことはないかな。

私はハードでプレイしてみたのだけど、中盤まで「E-Select」をスルーしてもゴリ押しでいけました。「ReinForce」なんて終盤近くまで忘れてましたからね、流石にキツくなってきて違和感を感じましたけど。

最終的にはそこそこシステムの理解が必要になってくると思いますが(ハードでは)。

戦闘も動画撮ってみました。上の動画のうんこがなんたら~の時の戦闘なので属性要素が出ていませんが……。見どころはキャラの動き。※音が出ます

エロ

「スケベの予感」と表示されているキャラに話しかけたり、全滅時に発生。

Hシーンは、かなり唐突に始まり、話の流れと関係ないシーンが多く、ストーリーにも……全く関係ないとは言えないけれど、かなり不思議な絡ませ方です。あやふやな表現でごめん!

画像は……まあ、好みが分かれる絵柄。けれど、体はむっちりしていて、乳首の描き込みなど結構エロさも感じました。ただ、おっぱいがデカイキャラは奇乳レベルです。

製品版ネタバレ防止用仮画像

河合寧々とのセックスシーン
※クリックで画像を開きます

テキストも癖があると言うか、地の文を中心に畫かれています。このせいもあり、ちょっと使いにくいですね。

1シーンのテキスト量も「少なめ」と言っていいかも。ただ、シーン数はかなり多く(非エロ含めて60くらい)シーン内で切り替わる画像(not差分)も、ものすごい数です(基本CG260! らしい)。

エロボイスに素材を使っているのだと思うのですが、テキストとボイスが全然違います(状況とも結構違う)。ただ、意外と「すごく気になる」ってことはないかも。

これも動画の方がわかりやすいかなってことで、撮ってみました。一番最初のシーン※音が出ます

主人公が男の娘……というか、おっぱいがあるように見えるので、雰囲気的には女体化ふたなりで膣がない状態……みたいに感じるかな。精神、性格は完全に男ですが。

主人公×ヒロインorモブ女 の他に、主人公×男結構あります。女×女は無い……のかな?未開放でそれっぽいタイトルのシーンが1つありますが。

製品版ネタバレ防止用仮画像

主人公とおっさんの3P
※クリックで画像を開きます

プレイの種類は、和姦が多めかな。無理矢理っぽいのもあるのですが、上述したとおり、あっさりしているので悲惨な感じはあまり。

かなりマニアックなプレイも多いです。大と小のスカトロ……(大はそこそこの数がある)子宮脱や脱腸? っぽいシーンも、ニプルファックなども。

エロシーンは飛ばすことも可能(事前にどういうシーンなのかわかりませんが……)それと「R-15モード」というものもあり、いつでも切り替え可能。数シーンしか見てませんが、塗りつぶしモザイクが掛かったり、挿入がスパンキングに変わったりしてました。

ボテ腹はありませんが、精液やらチンコでのボコ腹? は少しあります。異種姦は、人形の巨人みたいな生物に突っ込まれるシーンがありました。

個人的感想・まとめ

いや~、本当によく出来ていると思う。

繰り返しちゃいますが、すべての要素に癖が強い……強いのだけど、結構王道な部分も多く、丁寧に作っているんだな~というのがよくわかります。

システムも、理解できれば~というか、用語説明テキストに気づけば、色々な技などがあって楽しいんですよね。ただ、英語の羅列を見ただけで「めんどいから、わからないのは出来るだけ使わないでおこう」てなっちゃうのが惜しい。

クリアした今でも、よくわかってない部分が多いからね。てか、「フィールドでの会話システム」があるのを、今気づいた……。

ストーリーは……良い! セリフに力があるし、SFの醍醐味を上手く散りばめている。なにより話の区切りの、読了感? プレイ後感が素晴らしい。詳しくは書かないけど、特に最初のエピソードが一番良かった。まあ、全体的に良いのだけれどね。

本当はネタっぽい気持ちで買ったんだけどね~。体験版では魅力が伝わりにくいのが残念。

あ、上でもちょっと書いたけど、購入したら「説明書・使用素材」フォルダの「用語説明」と「操作説明など」は絶対見たほうがいいよ。攻略メモも封入してます。

販売ページです。

ガチョピンアイランドさんの他作品です。

このゲームを評価しよう

評価する (まだ評価されていません)
Loading...
※ハートをクリック、タップすることで誰でも簡単に評価できます。プレイして良かったと思ったら、気軽に押しちゃってください(記事の評価ではなく、ゲームの評価です)。