【DRAGON WAND’ER – 勇者セレネとドラゴンの杖 -】製品版レビュー(動画あり)

「CodeRed」さんの、ちょっぴりレトロな白黒RPG『DRAGON WAND’ER – 勇者セレネとドラゴンの杖 -』をレビューします。

公式ブログに攻略情報が載っています。Hシーン発生方法や、シーン全開放の裏ワザ情報もあり。もちろんネタバレ注意です。

 

ストーリー

世界を救った勇者の娘セレネは、母の守った世界を知るべく旅立ちを夢みていた。
ながらく反対する祖父母を説得し、その日、ようやく一人旅することを認められたのだが
井戸の奥深く、受け取った母の遺品には意味深なメッセージが残されていた……。

偽りだらけとうたわれたこの世界で、その旅の終着点で、セレネが知る真実とは――

引用:販売ページ

とまあ、セレネが一人辺境の村から旅立ち、船やら飛空艇やらを手に入れながら進んでいく、結構オーソドックなストーリー。

なのですが、あらすじでも書いてあるとおり、ちょっと裏があったりするお話ですね。

バッド(戦闘で全滅とかではない)、ノーマル、トゥルー、3種類のエンディングが用意されていて、トゥルーEDで、真実が見えてくる感じです。

結構熱い展開もあったり、序盤の旅立ち時に、母の手紙からタイトル表示の流れは、ベタだけどワクワクしていいですね。

画像をみてお気づきかもしれませんが、マップ、立ち絵、Hシーンなど、世界全てが白黒で描かれています。音楽もあいまって、ゲームボーイあたりのレトロRPGの雰囲気がよく出ています。

世界観はドラクエっぽいかも。こういうのがあるし

あと、主人公セレネがかなりカワイイですね!

基本はジェスチャーだけで会話する無口キャラなのですが、重要なイベントやHシーンでは普通に喋ります。無口状態ではアホの子っぽいけど、セリフを聞くと、結構お転婆な子ってイメージ。

あと、たまにSDキャラのシーンが、これまたカワイイですね。

システム

敵はフェールドではランダム、ダンジョンなどではシンボルエンカウント。戦闘はオーソドックスなターン制。

雑魚戦撮るの忘れてたからやけにレベル高い

成長要素は通常のレベルアップの他に、「AP」というポイントを消費し、スキルツリー方式で魔法を覚えていくシステムです。

APは、戦闘で魔法を使用すると増えるという、ちょっと珍しいタイプ。

ゲーム序盤に手に入る「サキュバスの腕輪」の効果で、性行為をすると魔法ステータスが上がるという要素も。ですが、これを書いてる今まで忘れてました……。処女プレイは、たぶんできそうな感じなので、縛りプレイに関係してきそうかな。

難易度はハードとノーマルの2種類。1周目はノーマル推奨だったので、ノーマルでプレイしました。

バランスは、敵を避けすぎなければいい感じにサクサク進むと思います。戦闘も倍速で速いし。結構行動の自由度が高いので、先に行き過ぎてあっさり負けちゃったこともありましたが。

ダンジョンに仕掛けなどもあり、丁寧に作ってあるのです。ただ、さくっとエロが見たい方にはちょっと面倒に感じるかも。それほど難しくはないのですが。

そのような硬派な要素や、戦闘やフィールド画面などはまさにレトロRPGな感じでオーソドックスなのですが、「着せ替え要素」やメニュー画面での立ち絵目パチ、「せいよくち」「苗床値」など、エロRPGにあるとうれしい現代風? のシステムも組み込まれています。

あと、上でも書いたしたとおり、マルチエンディングで、よほど丁寧にセーブデータを分けていない限り2周プレイすることになると思います(たぶん1周目はノーマルED)。

で、2周目は強くてニューゲーム(レベル以外引き継ぎ)ができるので序盤はサクサクです。ただ、後半以外のストーリーは殆ど同じなうえに、一度解いたダンジョンギミックを繰り返すのが地味にメンドイですね。

あと、買った方へのアドバイス、バッドとトゥルーの条件は2周目プレイ中に分かるのですが、条件が相反するので、メモしつつセーブを分けておかないと3周目をするはめになっちゃいます。

エロ

Hシーンは「せいよくち」が上がった状態での自宅でオナニーや、イベント、特殊モンスターの敗北時などで発生します。

上でも書きましたがHシーンでは普通にしゃべります

通常イベントはほぼ人間と、敗北関係はほぼモンスターとのプレイになります。

全シーン35くらい。人間相手は20くらい、魔物相手は10弱くらいかな。残り数シーンはオナニー。あと、セレナ以外の女性が犯されるシーンも数シーン。

CGは可愛くてエロい。テキストも結構長くてしっかりしてると思います。

製品版ネタバレ防止用仮画像

犬のようなバックスタイルで犯られる直前
※クリックで画像を開きます

普通のCGですが、ちんこなど、一部差分を動かして2コマアニメーション風に描いてます。まあ、これはエロくていいです。

それはおいといて、シーンの種類は、無理矢理系や騙して~系がほとんどです。ただ、最終的には感じまくってアヘ顔になるシーンが多いです。アヘ顔も、好みが分かれるでしょうがいいと思います。

んで、ただ数シーンだけ。2コマアニメーションでアヘ顔と比較的普通の顔を、突くたびに変化させるシーン。これは、どうも集中できないというか、気になってしまいました。細かくてすみません。

敗北Hでは、普通のループHアニメーションのシーンが6つ(+おまけアニメ2)あります。

これが結構ぬるぬるうごいて、メチャクチャエロいです! どことなく表情も儚げ? でこっちの方が好みのシーンが多かったです。ただ、アニメシーンのテキストは、かなり短いですね。

体験版でも見られるスライムHアニメのシーンの動画。※音が出ます。

え、これだけ? と思うかもしれませんが、これだけです。ただこのシーンは「しゃべらないスライムが相手」なので、一番短いタイプのシーンではあります。人語を喋るボスモンスターのシーンではこれの2~3倍くらいのテキストはあったかな。

製品版ネタバレ防止用仮画像

このシーンが凄くエロかった。製品版なので静止画にしておきます。
※クリックで画像を開きます

まあ、アヘ顔アニメが~と、とやかく言いましたが、顔は可愛く、体はエロいし、アングルも凝っていて、全体的にかなりのクオリティです。

ポテ腹、出産はモンスター相手で2シーンくらい。輪姦も1、2シーンくらいで少ないです。リョナが△なのは、すごくでっかいちんこを突っ込むシーンが1つあったからです(同じ画像を使って2シーン。同じ画像を使うシーンはこのセットだけ)。

個人的感想・まとめ

プレイ時間は……1周10時間弱かな? 2周目のデータのクリア直前で9時間と書いてあるのですが……この記事書き始めるのに、結構間隔があいちゃったのでうろ覚えなんですよね。ごめんなさい。

そればっかりだけど、絵がかわいく、エロ部分も本当いい、ストーリーも濃くはないけどよくまとまっている、ゲーム性もちゃんとあるので、それぞれ標準以上ほしい! という方にはかなりおすすめです。

ただ、トゥルーはその名のとおり真実がわかって、なかなかいいEDなのに、やっぱり2周目が面倒くさいのが残念ですね。

まあ、全体的にいい作品で楽しめました。

あと、ちょっと買う人にアドバイス。裏技を使わずに自力で全シーン開放を目指す場合の話です。

選択肢で、エロか抵抗(戦闘)みたいなシーンが2回くらいあるのですが、戦闘し勝利すると、シーンを埋めるのに3周しないといけないので注意してください。

このゲーム、システムデータではなくプレイデータに回想が記録されるので、見た後にロードしても記録されないのです。

って、それを言ったらバッドEDのシーンを埋めるためには結局3周しないといけないかもしれませんけどね。

販売ページです。

DLsite DMM

CodeRedさんの他作品です。

このゲームを評価しよう

評価する (まだ評価されていません)
Loading...
※ハートをクリック、タップすることで誰でも簡単に評価できます。プレイして良かったと思ったら、気軽に押しちゃってください(記事の評価ではなく、ゲームの評価です)。